お肌のpHバランスとアルカリ中和能とは?正しい洗顔方法で美肌をつくる環境づくり

pHバランスって聞いたことありますよね!

お肌のpHバランスを維持するための機能、
それがアルカリ中和能なのです。

ではpHバランスを崩すとお肌がどのような
状態になるのか、

アルカリ中和能とはどのような作用なのか

洗顔の目的とは?
美肌づくりにはどのような洗顔をすればいいのか
ご紹介しますね♪

皮膚のpH値とは?

pH(ペーハー)とは、水素イオン濃度指数の
ことで、その物質が酸性であるか、アルカリ性
であるかを、具体的な指数によって表したもの
です。

 

0から14に分けられていてpH7が中性になり
ます。

数値が低くなるほど酸性が強くなることを表し
、逆に数値が高くなるほどアルカリ性が強く
なることを表しています。

 

ソース画像を表示
出典:https://eijingukea.nahls.co.jp

皮膚のpHは、皮膚そのもののpHではなく、
一般的には、皮膚表面を薄く覆っている皮脂膜
のことを指しているのです。

 

皮脂膜は皮脂と汗が乳化されて弱酸性になって
います。

健康な皮膚の皮脂膜はpH4.5~6.5の
弱酸性で、

脂性肌の場合は酸性に傾き、乾燥肌の場合は、
アルカリ性に傾きやすいのです。

 

このバランスが崩れるとニキビや乾燥、炎症
などのトラブルを引き起こす原因になります。

 

シミがTゾーンに出来にくいのは、
皮脂の分泌が多く皮脂膜が紫外線から守って
くれるからです。

 

すなわち、頬やこめかみにシミが出来やすい
のは、皮脂分泌が少ないためということです。

 

皮脂膜のバリア機能

皮脂膜は天然の保護膜、天然のクリームとも
いわれ、汗と皮脂が肌の上で混じりあい、
お肌を守ってくれています。

 

皮脂膜の主な機能
  • 常に一定の水分を保ち、角質細胞が必要以上 に剥がれることから守る。
  • 皮脂膜のpHは4.5~6.5の弱酸性で、 病原微生物による感染を防ぐ。
  • アルカリ中和能をもち、アルカリ性物質による 皮膚障害を防ぐ。
  • 紫外線からのダメージを防ぐ

 

アルカリ中和能とは

この皮脂膜のバリア機能の働きを最大限に
活かすには、pHが弱酸性に保たれていること
が大切なのです。

 

皮脂膜が弱酸性だと、肌トラブルの素になる、
アクネ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が増殖
しにくくなるからです。

 

健康な皮膚は弱酸性で、
皮膚表面にアルカリ性物質が触れても、
短時間のうちにこれを中和して本来の弱酸性
に戻す力があります。

この力を
アルカリ中和能』といいます。

 

つまり、どのような機能かというと、

お肌の表面は弱酸性だから、弱酸性で
お肌を洗った方が負担が少ない、
お肌にやさしいと思われていますが、、

実は
弱酸性ではきれいに汚れは落ちないのです。

 

アルカリ性の洗顔料で毛穴を開かせないと
汚れは落ちません。

 

このときアルカリに傾いても、皮膚はもとの
弱酸性に回復する力があるので、かぶれなどの
トラブルを起こすことはほとんどありません。

健康な皮膚であれば約15分で元の弱酸性に
戻るのです。

 

この皮膚が持っている復元力が

『アルカリ中和能』なのです。

 

皮脂膜のpHバランスの乱れによる肌トラブル

お肌がアルカリ性に傾くと、
肌のバリア機能が弱まります。

 

角層の中にある天然の保湿成分NMFや水分を
保っている細胞間脂質が減少すると
アルカリ中和能が弱まり、弱酸性から
アルカリ性に傾いてしまうのです。

 

そうなると、乾燥して皮脂の量が減少し
バリア機能が低下、酸化して老化します。

 

保湿と肌の奥(真皮)に紫外線や異物が入り込
むことを防ぐことができなくなり、
ニキビ、シミ、シワ、くすみなどの
肌トラブルを招きます。

 

正しい洗顔と保湿

肌は汗と皮脂が1対3の割合で皮脂膜を常に
自己形成しています。

 

洗顔の目的はまず、その皮脂膜をはがすこと。

そして、弱酸性の状態では毛穴が閉じた状態
なので、弱アルカリ洗顔料をお肌に乗せること
によって、毛穴を開き、泡で汚れを吸着して
汚れを落とす事なのです。

 

但し、洗顔時にゴシゴシ手でこすったり
するのは皮脂膜以上に余分な角質まではがして
しまい、乾燥やトラブルを招きます。

フェイシャルエステ

洗顔は洗顔料を充分に泡だてて、開いた毛穴
から
汚れを吸着し、泡の弾力でやさしく洗う
ようにします。

 

そして、しっかりすすぎます。
せっかく泡で汚れを吸着していても、
不十分なすすぎは化粧品や汚れが毛穴に
つまった状態となり、やがて酸化し、
過酸化脂質となって、トラブルの原因となる
のです。

 

洗顔の後はすぐに化粧水をつけてしっかり
保湿すると
同時に、
弱アルカリ性へと傾いたお肌と弱酸性

へと戻してあげましょう。

 

化粧水は手の平でなじませず、片手にとって、
もう片方の手で、できるだけ素早く顔にのせま
しょう。
手の平の表皮(約0.7mm)はお顔の表皮
(約0.2mm)より厚いので沢山吸収して
しまうからです。

 

肌環境は人それぞれなので、乾燥肌の方は
弱酸性の洗顔料を使った方がいい場合もあり
ますが、基本的な洗顔方法は同じです。

 

Bequationuoウォッシングフォーム 100g 5,400円(税込)

当サロンおすすめの洗顔フォームをご紹介します。

ほんのわずかな量でびっくりするほど泡立ちます。

肌とは逆のpH弱アルカリ性に仕上げることで、
毛穴を開かせて汚れをしっかり落とします。

 

硬い泡の弾力で汚れを吸着させる力があり、
洗い上がりもサッパリします。

 

肌本来が持つアルカリ中和能の機能を活かし、
毛穴が開いたり閉じたりのトレーニングを
させることができる洗顔料なのです。

 

-おしまいに-

洗顔は、スキンケアの基本です。

正しい洗顔方法を身につける事が美肌への
第一歩です。

肌本来が持っている機能を最大限引き出す
ことで、滑らかで張りや潤いのある美しい
お肌に整います。

肌トラブルを防ぐためにも、洗顔の目的を理解
し、正しい洗顔方法と自らの力で美しい肌を
めざしましょうね♪

 

 

クレモナ

電話番号 090-3628-6938
住所 〒666-0014
兵庫県川西市小戸1-3-9 エンリッチパール
営業時間 11:00~19:00(最終受付)定休日 不定休
HP   http://sunmarion.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です