セロトニン・ドーパミン・βエンドルフィン

昨日少しでてきました『セロトニン』やその他の脳内物質について

お話したいと思います。

安定した脳内物質は、美容にも密接に関係しています。

また、私が学んでいるマインドフルネスの呼吸法が『セロトニン』を

増やすのにとても有効で、『セロトニン』=幸せホルモンと呼んでいます。

そんな「幸せホルモン」や「脳内麻薬」と呼ばれている「ドーパミン」

や「βエンドルフィン」は脳の活性化にとても重要な働きをしてくれます。

 

『セロトニン』とその他の神経伝達物質

セロトニンは人間の小腸に90%、血液中に8%、残りの2%が

脳内に存在しているそうです。

 

『セロトニン』と『メラトニン』

 

脳内セロトニンは脳の神経細胞間で情報を伝えるために使われる

「神経伝達物質」です。

セロトニンの主な役割は心を安定させ、幸福感を生み出すことです。

セロトニンが原材料になり、夜になると「メラトニン」という物質

に変化します。「メラトニン」は夜になれば自然と睡眠に導きます。

朝明るくなるとセロトニンが生成され、夜になって暗くなると、

セロトニンの生成がなくなり、メラトニンが生成されるという

表裏一体の関係性です。

また、メラトニンには、質のよい安眠をうながすという働きだけ

ではなく、アンチエイジングの効果があり、免疫力を高めたり、

老化や、生活習慣病も予防します。

アメリカでは、これらの不眠症への効果や複数の

アンチエイジング効果から「奇跡のホルモン」とまで

呼ばれ、メラトニンブームが起こったこともあるようです。

『ドーパミン』

やる気のもと「ドーパミン」は別名「快楽ホルモン」と呼ばれて

意欲を促し、喜びの感情を引き起こすもので、いろいろな感覚が

研ぎすまされる覚醒物質です。美味しものを食べたり、目標を達成

したり、感動した時に放出されます。

過度に出すぎると酒、薬物、ギャンブルなどの依存症に繋がります。

不足すると物事への関心が薄れパーキンソン病などの原因とも考え

られています。

 

『ノルアドレナリン』

「ノルアドレナリン」は危険管理をしていて、生命の危険、恐怖、

怒りを感じると、心身を戦闘モードに整えてくれる物質です。

恐怖や驚き、嫌な経験をすると精神的に高ぶった状態になります。

この物質が過剰になると、脳の興奮がコントロールできなくなり、

イライラやキレなどの怒りを生みます。

不足すると、気力、意欲が低下しうつ病の原因とも考えられてい

ます。

 

『βエンドルフィン』

エンドルフィンには、αエンドルフィン、βエンドルフィン、

γエンドルフィンの3種類ありますが、

「βエンドルフィン」は究極の鎮痛作用や幸福感、高揚感が得られ、

「脳内麻薬」と呼ばれるほどで、モルヒネの6.5倍も効果がある

ようです。

ランナーズハイのように走り続けて苦しいストレスから身を守る

βエンドルフィンが分泌されストレスから快感にかわるという、

鎮痛から高揚感への快楽になる物質です。

 

 

セロトニンとドーパミンとノルアドレナリン

セロトニンの役割はこの「ドーパミン」が過剰に興奮しないように、

「ノルアドレナリン」がストレスで落ち込まないようにバランスを

コントロールしています。

 

-まとめ―

私が通っているマインドフルネス瞑想のスクールで、一緒に学んでいる

高校生が以前統合失調症を患い、いつもだれかに見られて、狙われて

いるという症状を師匠先生に相談し、「毎日早起きして散歩し呼吸法

を続ける」ように指導され、1か月ほどで完治し今も元気にスクールに

こられています。

脳内物質がストレスにより偏ったり、バランスを崩すと

さまざまな精神疾患をひきおこしますが、ほとんど呼吸法によって解決

できると学んでいます。

辛い思いをされている方が多い世の中なので、少しでも楽になれるよう

正しい呼吸法を身につけて眠っている脳内物質を呼び起こし

ストレスからの解放を味わってほしいと思います。

私たちを幸せにしてくれる魔法のホルモンをいっぱい放出して、

思い通りの人生を描き手に入れましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です