白髪のメカニズムと予防法

鏡を見て白髪を発見すると、とても気になってしまいますよね!

実は私たちの髪は、もともと黒色ではなく白髪なのです。

それを黒くしているのは、色素細胞(メラノサイト)がつくり出すメラニン色素のはたらきです。

皆さんは、白髪は黒髪の色が抜けてしまって白髪になると思っていませんか?

白髪がどうしてできるのか?からご説明していきましょう。

白髪のメカニズム

白髪ができるのは髪色をつくる色素であるメラニンが足りないことより発生します。

そのメラニンを合成するメラノサイトという細胞が、頭皮から栄養を受け取ることで正常に働くのですが、

メラノサイトに栄養がいきわたらないとメラニンを作るために必要な酵素・チロシナーゼは、加齢とともに体内から減っていきます。

このチロシナーゼが充分に働かないことが原因で、スムーズにメラニン色素を作り出すことができないことが白髪の発生に大きく影響しています。

 

白髪の原因

白髪は遺伝的な要因、生活要因、加齢などさまざまな原因が関係すると言われますが、研究結果から、

色素細胞がなくなり、白髪になる

幹細胞は、すべての細胞のもとになる細胞で、自分自身を無限に複製できる能力(自己複製)と、特殊な機能を持つ細胞へと分化する能力(多分化)を持っています。

幹細胞のはたらきについて詳しくはこちらをご覧ください。

メラニン色素をつくる「色素幹細胞」が傷ついたDNAを修復できなくて、同じ細胞を複製できず、幹細胞は毛母細胞とメラノサイト(色素細胞)に分かれるのです(分化)。分化して毛母細胞となった幹細胞が髪の毛そのものを生み出します。

このときに、髪が黒い色となって毛穴から出てくるのはメラノサイトが作ったメラニン色素を合成させているからで、

色素をつくる色素幹細胞が、かれはてて色素を作る細胞がなくなった場合、白髪になるそうです。

 

色素幹細胞がなくなると毛髪の色素もなくなる

色素幹細胞は、自己複製できるだけでなく、メラニン色素をつくる色素細胞(メラニン細胞)へと分化することもできます。

髪の成長期にはメラニンをいっぱい出し続け、色素細胞は自己複製するので黒髪が維持できます。

白髪は、紫外線などの外的要因でDNAが傷ついてできるのです。

DNAが傷ついて治せないと判断すると自己複製機能が失われ、すべて色素細胞に分化してしまいます。

メラニンをたくさん出してくれる色素細胞の数が減ることによって

あとに続く色素細胞がなくなってしまって白髪になるということですね。

 

加齢とともに幹細胞のバランスが崩れてしまう

幹細胞の枯渇と幹細胞の働きを監視する遺伝子があるそうです。

その監視機能が失われることで、複製・分化の量的バランスが崩れてしまうということが分かったそうです。

この監視機能の働きを維持する方法が見つかれば、黒髪を保てることにつながります。

 

ストレスによる白髪

ストレスは活性酸素や血行不良の原因となったり、自立神経の乱れを伴い、睡眠不足やさまざまなからだの不調を引き起こします。

また、ストレスによる生活習慣の乱れや免疫力の低下なども白髪を増やしてしまう要因となりがちです。

私の友人にも、急な精神的ストレスにより短期間で大量の白髪が発生した人がいましたよ。

活性酸素は細胞自体の老化の原因となりますので髪にも影響を及ぼします。

メラノサイトはストレスに弱いと言われていて、白髪が生える位置が部分的にまとまっているのはそのためだそうです。

 

白髪の予防法

白髪は、紫外線などの外的要因で幹細胞が傷ついてできるので、紫外線から頭皮を守りましょう。

頭皮は太陽に一番近く、いつも紫外線にさらされています。

頭皮のUVケアが白髪予防にもつながります。

髪用のUVカット製品がでていますので活用しましょう。

帽子や日傘で頭部を守る、というのも効果があります。

抗酸化作用のある栄養素を摂取することも心がけましょう。紫外線は活性酸素の原因となるため、白髪、老化の予防にはトマトやブロッコリー、キウイなどを意識して摂取しましょう。

 

-まとめ-

白髪の原因は最近の研究でかなり解明されてきていますね。

黒髪以外にも海外には金髪、赤茶などあるように、髪の色は、色素細胞がつくりだしたメラニン色素が髪に取り込まれることによってきまります。

紫外線によるダメージが大きな要因のひとつです。

顔には日焼け止めをたっぷり塗っていて、日焼け対策はバッチリと思っている方が多いと思いますが、頭頂部は一番紫外線を受けていますので、帽子や日傘、などで頭皮にダメージを与えないようにしてあげてください。

早く予防できるものが研究されるといいですね!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です