日焼け後の肌のつらいかゆみの抑え方、なぜかゆくなるの?正しい対処方法は?

日焼けしてしまったあとに、かゆくなって、
掻いてはいけないと思いつつ、
我慢しきれないで掻いてしまう!

かゆくて眠れない!なんて経験ありますよね!

そんな日焼けによるかゆみのメカニズムや
つらいかゆみを抑える対処法をご紹介します。

日焼けすると何でかゆくなるの?

日焼けの原因は紫外線です。

紫外線は皮膚の細胞に、微少な障害を与えて
炎症を起こす物質をつくったり、
DNAを傷つけたりします。

皮膚の炎症部分の修復によるかゆみ

日焼けは紫外線による皮膚の炎症すなわち

「やけど」の状態です。

 

私達の体は自然治癒力により、キズついた
ところを修復するためにリンパ液が集まってきます。

すりむいたり、けがをしたら傷口がじくじく
しますよね!その浸出液のことです。

 

この液は血漿(けっしょう)という液体で、
キズを修復してくれているのですが、
神経を成長させる物質が分泌されいて、
神経線維がたくさん伸びて肌を刺激して、
その液が水ぶくれをつくるとかゆみの原因
となるのです。

 

見た目に水ぶくれが確認できなくても、
実は皮膚の内側に水ぶくれができている状態
なので、強いかゆみを感じることがあるのです。

 

乾燥によるかゆみ

日焼けによって皮膚が熱を持ち、
水分量が低下し、乾燥状態になっているため
かゆみを感じやすくなっています。

肌の表面の角質層は外部からの刺激から
皮膚そのものを守ってくれています。

本来正常な肌であれば、皮膚の表面にある
皮脂膜が常に水分と油分を一定に保ち
紫外線や細菌から守るバリアの役目をして
くれているのです。

 

しかし、やけど状態だとこのバリア機能が
機能しない状態なので、水分が奪われ
乾燥しやすく、外部からの刺激も受けやすく
なっているので、かゆみも感じやすくなるのです。

 

日焼け後のかゆみを抑える対処法

冷やす

日焼け後の肌は、とても敏感になっていて、
掻くとよけいに皮膚を傷つけて細菌感染
を起こす恐れがあるので、掻くのは我慢しましょう。

 

かゆみは熱によって強くなる性質があるので、
かゆみの強いところを、まずは冷やします。

氷袋や保冷剤をハンカチにくるんで
炎症している箇所にそっと当てておきます。

日焼けの範囲が広い場合は。
冷水シャワーや水風呂に入るといいのですが、
シャワーの水圧はゆるめに、
身体を冷やしすぎない程度にしましょう。

 

保湿する

乾燥を防ぐために保湿をしましょう。

日焼け後の肌は極度の乾燥状態となって
いるので、水分補給をこころがけましょう。

 

先にカラミンやアラントインなどの消炎効
のある成分を配合したローションをゆっくり
軽く浸みこませるように塗ってほてりを鎮めます。

 

化粧水をつけるときは、肌への刺激を極力
抑えるため、コットンなどを使わず、
手のひらで肌を抑えるように優しく塗布して
いきます。

 

その後、保湿用の化粧水と乳液、クリームで
肌にうるおいを与えます。
白色ワセリンやラベンダーのアロマオイルも
オススメです。

ラベンダーは、日焼け後のケアや保湿に
有効な、鎮静・抗炎症・殺菌・癒傷作用が
あり、皮膚細胞の活性化を助けてくれます。

水分を摂る

日焼けすると体全体に熱をもっているので、
自然と脱水状態になっている可能性があります。

 

できるだけ水や経口補水液などを意識して飲む
ようにしましょう。

代謝を上げる食べ物を摂る

やはり食品でビタミンCを摂取することが
とても有効です。


イチゴ、レモン、オレンジ、みかん、柿

トマト、キュウリ、大根、キャベツ、青菜類、

動物性のものには、レバー、牛乳など

 

ただし、ビタミンCは熱に弱いので加熱処理
してしまうと破壊されてしまうので、
おすすめなのは、ジャガイモです。

ジャガイモに含まれるビタミンCは熱によって
破壊されづらいので適しています。

 

日焼け後のかゆみに効果があるものは?

日焼けのかゆみにムヒは効果があるの?

日焼け後のかゆみには、ムヒは効果があります。
但し、日焼け後の炎症が治まったあとに、
皮がむけかけた時にかゆみが発生した場合です。
ムヒS以外はステロイド剤が入っているので、
広範囲には使わないようにしましょう。

 

日焼け後の保湿にニベアは効果があるの?

ニベアは、保湿に優れた化粧品ですが、
日焼け後の肌が敏感になっている状態で、
すぐにぬるとかゆみが増す場合があります。
日焼けの炎症が収まってから塗るようにしましょう。

 

オロナイン軟膏は日焼け後のかゆみに効果があるの?


オロナイン軟膏の説明書を読むと、ヤケド(軽い)
に効果があると書かれていますが、
オロナイン軟膏は殺菌剤で、かゆみには効果がありません。

 

市販の飲み薬はかゆみ止めに効果はあるの?

炎症を起こしてしている場合であれば、
ロキソニンは効果があると言われています。
ただし、「かゆみのみ」であると効果がない。

 

-おしまいに-

いかがでしたか?

日焼け後のつらい痒みの対処法について
ご理解いただけたでしょうか?

やはり日焼けのかゆみを抑えるには
まずは冷やすこと!

炎症がおさまるまでは、カーマインローション
などで保湿しながら炎症を抑え、

炎症がおさまったら更に保湿用の化粧水や乳液
保湿クリームをたっぷりとぬります。
痒みにはムヒも有効のようですが、
安価なワセリンなどをたっぷり使い、
体の中からも代謝を上げることが得策ではないでしょうか♪

 

 

関連記事

日焼け後のアフターケア シミにしないための正しいお手入れ方法や効果的な食べ物は?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?紫外線吸収剤は何がよくないの?

紫外線とメラニン、シミの関係

顔用日焼け止めの正しい使い方や注意点 使用量や下地の塗り方、落とし方

日焼け止め敏感肌用の正しい選び方 おすすめUVファンデとCCクリームも

日焼け止めSPFとPAの意味や効果の違いってなに?その選び方や塗り方について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です