MENU

卒業式に着る袴の準備と選び方

短大・専門学校・大学などの卒業式では、ほとんどが袴姿になっていますね。

昔は振袖を着る方が多かったのですが、時代の流れで比較的着やすい着物と袴の傾向が濃くなっています。

ほとんどレンタルで借りる方が多いと思うので、選び方についてお伝えしたいと思います。

 

袴の選び方

申しこみ時期

卒業式の袴レンタルのピークはだいたい秋ごろです。

人気の商品もこの時期に多く取り揃えられ、予約が埋まってしまいます。

夏ごろに展示会などがあるので、できるだけ早めの予約をお薦めします。

夏ごろであれば、大学内での展示会もありますが、他の人とかぶる可能性もありますし、一生に一度の機会ですので、色々見た上で自分に似合う色や柄をより多くのものの中から選ぶことができるのではないでしょうか。

だいたいのレンタルの相場は小物や草履などフルセットで3万円~5万円が相場のようですね。

 

選ぶポイント

現在の卒業式の袴は、小振袖(袖丈が短いもの)と振袖(袖丈が長いもの)の2通りに袴を合わせるのが主流です。

まずは試着してみましょう。

写真写りのことも考慮して、特に上半身の色、柄が一番のポイントになります。

自分の似合う色は大きく分けて4つに分類されます。

まずはご自分に似合う色をこちらから判定してみてください✋

 

自分の好みやフィーリングに合う柄やデザイン、色をたくさん着てみましょう。

そして、自分だけではなく、お友達やお母さま、お店の方にも見て頂き、一番気に入ったものから予算に合わせて選ぶといいと思います。

スマホで顔写りを撮ってみるのもいいですね。

 

おすすめ袴スタイル

 

 

 

ポイントの花柄と髪飾りをコーディネイト

Vラインを強調して丸顔の人におすすめ

 

 

 

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

 

 

着物の一部の色と袴の色を合わせると一体感がでます

 

 

 

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

 

 

紺ベースで引き締まった感じです。

顔周りに白や黄色があるので春色の方にもお似合いです。

 

 

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/

 

ブーツ

足元はぞうりでもブーツでも特に指定がない限りどちらでもかまいません。

ブーツは歩きやすいですし、まだ3月は肌寒いので靴下も履け、防寒にもなります。

注意点としては、ぞうりにするかブーツにするのかは事前に聞けておきましょう。

ぞうりとブーツでは袴の着方(袴の長さ)が異なるのです!

袴はくるぶし程の長さ、袴はくるぶしより上の長さに合わせます。

手持ちのブーツでもかまいませんが、足首のしまったすっきりしたデザインのものがよく合います。参考までに何点かあげておきますね。

 

大きいサイズの方に

 

 

-あとがき-

いかがでしたか?

ご自分に似合う着物、袴を色々見るだけでも目が肥えます。

あなたのための卒業式です。思い出に残る特別な日だからこそ、最高のお衣装で臨んでいただきたいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です