飲む日焼け止めの成分とそのメカニズムについて ニュートロックスサンとPLエキスを比較

老化の原因は加齢2割・光老化8割といわれているくらい紫外線の影響は老化に大きく影響しています。

そんな紫外線対策として、近年塗る日焼け止め以外の紫外線対策として「飲む日焼け止め」が注目されています。

塗る日焼け止め+帽子や日傘+手袋など、紫外線対策は面倒ですし、それだけ気をつけていても目からやアスファルトの反射など防ぎきれないものがあります。

そんな受けてしまった紫外線によるダメージをケアすることが美しくあるためのに一番大切なことなのです。

注目されている「飲む日焼け止め」の成分やメカニズムがどのように紫外線対策になっているのか検証してみました。

 

飲む日焼け止めって何?

飲む日焼け止めは、受けてしまった紫外線のよるダメージを、できるかぎり無効にするものです。日焼け止めだけでは完全に防ぐことのできない紫外線ダメージから肌を守ることができます。

その紫外線のダメージの原因は光老化です。

光老化とは

紫外線を長年浴び続けることで、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。
ごれを「光老化」といい、紫外線は肌に最も悪い影響を及ぼす原因となります。

光老化は紫外線によって空気や体内の酸素が活性酸素となり、皮膚の基底細胞に障害を及ぼすことによって起こるものです。

人間の体内には、活性酸素を無毒化する酵素が存在して細胞を守っていますが、過剰に発生すると細胞内の脂質と結合して身体のサビといわれる過酸化脂質に変わり、皮膚が酸化します。

皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンを硬くし、エラスチンを破壊して皮膚の弾力を失わせ、老化を進めていくのです。

このように「活性酸素」の大量発生がシミやしわなどの光老化を引き起こす正体なのです。

 

食べ物でも酸化は防げる

活性酸素を大量に発生させないためにはまずは紫外線を大量に浴びないことですが、

活性酸素に対抗できる「抗酸化力」のあるものを取り入れることです。

代表的な抗酸化物質には以下のようなものがあります。

  • ビタミンE:レバー、ごま、アーモンド、植物油、大豆
  • ビタミンC:いちご、レモン、ブロッコリー、キャベツ、イモ類、
  • ポリフェノール:赤ワイン、ココア、そば、チョコレート
  • カテキン:緑茶、紅茶、烏龍茶
  • リコピン:トマト
  • ベータカロテン: ほうれんそう、にんじん、トマト、小松菜、かぼちゃ、焼き海苔
  • アスタキサンチン:鮭

これらは老化を遅らせる若返りの成分とも呼ばれています。

ということで、「飲む日焼け止め」には、抗酸化力を極限にまで高めた成分が配合されていて、体内で、紫外線ダメージをケアしてくれるものなのです。

 

飲む日焼け止めの主な成分とメカニズム

飲む日焼け止めに使用される主成分は

ニュートロックスサンとPLエキスの2種類あります。

 

ニュートロックスサンとは

ニュートロックスサンとは、シトラス果実とローズマリー葉の抽出物を混合したものです。

そのうち、スペインの細胞生化学の博士とモンテローザ社が10年かけて作ったものが「ニュートロックスサン(R)」と言われます。

天然ポリフェノールですので、身体にも安心して取り入れることができる成分ですね。

特に国産のものに配合されているものが多いです。

 

ニュートロックスサンの紫外線対策効果とメカニズム

■効果

ニュートロックスサンは、飲み続けることで紫外線対策効果が60%アップするということが、ニュートロックスサンを研究したミギュエル大学で確認されました。

強い日差しが降り注ぐスペインで、10年以上かけて研究された世界最先端のUVケア成分です。

このシダの成分はとくに肌の免疫力を高めることが多くの研究によって明らかになっています。

皮膚がんや、その他の皮膚疾患に対しての治療にも使用されています。

また、さまざまな肌ストレスを引き起こす〝ロイコトリエン〟という物質の生成を抑える作用もあることから、肌に対する抗アレルギー効果も高いと考えられています。

■メカニズム

はじめに、水溶性の成分が浸透して、活性酸素に対抗し、脂質、タンパク質、DNAへの活性酸素ダメージを防ぎます。

次に、脂に溶ける成分が浸透して、紫外線によって細胞膜が劣化し、過酸化物質が作られてしまうのを防ぎます。それによって、細胞への有害な影響を予防します。

抗炎症作用もあるので、日焼けによって炎症を起こしたあとに、お肌の繊維が劣化するのを防いでくれます。



フェーンブロック(R) PLエキス(ポリポディウム・ロイコトモス)

フェーンブロック(R)は商標で、PLエキスは商標ではありません。

名前が違うだけで、成分は同じ「シダ植物の抽出物PLエキス(ポリポディウムリュウコトモス)」です。

ポリポディウム・ロイコトモスとは、シダ植物の仲間で、昔からアメリカ大陸に自生していて、皮膚病などを治すための民間療法に使われていました。

その効果に、ハーバード大学の光防御専門家と民間の研究機関が注目して、研究開発、効果を確かめたのが、このエキスです。

 

皮膚科で処方される「ヘリオケア」もこのフェーンブロックを主成分とした飲む日焼け止めです。

しかし、最近の調査結果で、「ニュートロックスサン」の方が「フェーンブロック・PLエキス」の2倍の効果があるということがわかり、最近ではニュートロックスサン系の「ユーブロック」を併せて取り扱っていることが多いです。

 

 

フェーンブロック PLエキス(ポリポディウム・ロイコトモス)のメカニズム

■効果

PLエキスは、「紫外線防御効果」はもちろん、強力な抗炎症作用や記憶力の改善、痴呆、アルツハイマー、喘息や心臓病などの治療にも用いられています。

また、肌の変質を招くDNAの損傷も防御するので、シミや色素沈殿だけでなく、シワができるのも防いでくれるのが特徴です。

■メカニズム

活性酸素や、超酸化物質を抑制・除去します。

紫外線による細胞の破壊、減少を食い止め、シミやシワをつくらせない働きがあります。

ポリポディウムは細胞を守ることで、お肌のバリア機能を保持してくれます。

また、皮膚にウイルスや化学物質が入ったとき、免疫細胞に働きかけて除去させようとする働きをします。

UV-Bによって細胞が変形してしまうのを防ぎ、皮膚がんなどの抗ガン効果もあるそうです。

 



 

-あとがき-

飲む日焼け止めは、抗酸化成分を摂ることによって、紫外線で受けたダメージをシミやシワになる前にケアするものです。

日焼け止めだけでは完全に防ぐことのできない紫外線ダメージから肌を守ることができます。

飲む日焼け止めは、海外製品も個人輸入で購入することは可能です。

けれども、基本的に欧米人のからだを対象につくられているので、できるだけ国産のものをおすすめします。また国内で認可されていない成分や添加物には注意が必要です。

どちらも天然由来の成分が主のサプリメントであり、安心感があります。

いずれにしても、飲み続けるほどに効果があがるようです、ご自分の体質に合ったものを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です