ルイボスティの効果は花粉症や妊活にもある? 正しい淹れ方飲み方で美肌にも?

活性酸素が老化や病気の原因になっていることは前回お話しましたが、

その活性酸素を強力に除去できる効果があることで注目されている

「ルイボスティ」についてお話ししたいとおもいます。

 

ルイボスティの原産国は南アフリカの自然の大地で、無農薬でつくられた「奇跡のお茶」

と呼ばれ、とてもスピリチュアルなものなのです。

ノンカフェインで抗酸化力が強く、女性にとっても嬉しいたくさんの効能があります。

ルイボスティが老化に効果があるとされるわけ

SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素という成分が豊富

しみシワたるみ抜け毛など、老化現象
の原因のひとつに、活性酵素 というものが
あることはすでにお伝えしています。

 

これを除去するしくみとして、

SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)
酵素という成分
体の中の余分な活性酸素を
取り除いてくれていますが残念ながら、
年齢と共に減少していくのです。

 

ルイボスティにはこのSODが多く含まれ、
活性酸素を取り除く効果が非常に高く、

老化を防ぐ効果があるのです。

 

良質のミネラルが豊富に含まれている

ミネラルは体内で作る事が出来ず、
体外から摂らなければいけません。

 

ミネラルは、新陳代謝や機能の維持、
歯や骨の形成、筋肉や神経、酵素など、
さまざまな人体の機能を支え、
生命を維持するのに必要な栄養素なのです。

 

ルイボスティーにはそのミネラルが豊富で、
植物性プロテインや、マグネシウム、
カルシウム、ナトリウム、リン、鉄、
カリウム、フラボノイドなど

人が必要とするミネラルが、
バランス良く含まれていることが大きな特徴
なのです。

細胞の働きを高め、活性化する作用を持っています。

 

ルイボスティの効果

アンチエイジング

ルイボスティーに多く含まれているSOD様酵素
で活性酸素を除去することや、
良質のミネラルが多く含まれていることで、
しみ、しわ、たるみなどのアンチエイジング
効果が期待
出来ます。

皮膚や頭皮の新陳代謝を活発にして正常な
状態に整えてくれます。

 

便秘

ルイボスティーに含まれる良質のミネラル、
マグネシウムは便秘解消に効果的
があります。

SOD様酵素が体内の毒素を排出してくれるので
デトックス効果もあります

 

ダイエット

過酸化脂質を取り除くフラボノイドが、
非常に多くふくまれていて
、代謝が上り、
痩せやすい体へと体質を改善してくれます

 

花粉症、アレルギーの軽減

SOD樣酵素が強い抗酸化作用を持っている
ので、体内の免疫力を高め、花粉症などの
アレルギー反応を制御する働きをします。

 

また、ルイボスティに含まれる、フラボノイド
がアレルギー疾患、頭痛、ウイルス感染など

の鎮静、解熱作用やステロイド剤のように
広い作用を持って抑制してくれます。

 

病気の予防

「脳梗塞」「動脈硬化」「喘息」など、
さまざまな病気の原因の一端である活性酸素
を取り除くことができるので、
予防、改善に役立ちます。

 

二日酔いの軽減

ルイボスティーに含まれるミネラルや
植物プロテイン
といった成分が、
肝臓の働きを助け、二日酔いを軽減します。

 

また二日酔いの主な原因である
アセトアルデヒドを抗酸化作用によって抑制
することで、頭痛や吐き気、また肝機能の低下
といった二日酔いの症状を軽減します。

 

妊娠中、不妊治療にも有効

ルイボスティーは、子宮収縮作用などの妊娠中
に悪影響となる要素が全くありません

体内の生殖器の老化を抑える効果があります。

 

妊婦に不足しがちな亜鉛や鉄分、カルシウム、
マグネシウムなどがバランスよく含まれていま
すので、妊娠中の健康維持にはもってこいの
飲物と言えます。

 

ホルモンバランスを整えて、妊娠しやすい体へ
とサポート
してくれます。

 

また、ルイボスティーはノンカフェインなので、
妊娠中でも後6か月の赤ちゃんでも安心して
飲むことができます。

 

あえての注意点

身体によいからといって、多量に摂取すると
胃腸に負担をかけたり、身体を冷やしてしまう
こともあるようです。

 

さらにルイボスにはほんの少量ですがタンニン
を含んでいる為、便秘になるという心配を
いわれていますが、異常な摂取量でない限り
問題ないようです。

 

妊活中の方もルイボスティーを大量に飲むこと
は控えてください

ルイボスティーには独特な香りがあり、
香ばしくて良い匂いですが、つわりになると
一気に飲めなくなる方が多いようですが、
これを吐き気と誤解されている場合もあります。

 

ルイボスティーに含まれているカテキンは、
胎児を育てるのに必要な葉酸を壊す成分のため
心配されますが、
カテキン量がごく少量なので低タンニンで
濃い目に煮だしたとしても心配ないようです。

 

ルイボスは、毎日適量を飲み続けることで、
少しずつ症状が改善してくるものですから、
飲み過ぎには注意するようにしましょう。

 

ルイボスティの飲み方

ミネラルは、一度にたくさんとっても、
余分なものを身体に蓄えておくことができません。

1日500mlが理想です。

 

ルイボスティに含まれている、マグネシウム
やナトリウムは、
取り過ぎると心臓に負担を
かけたり、血圧が上がる要因になります。

ですから、お茶として1日2~3杯とるようにしましょう。

 

ルイボスティの効果的な淹れ方

ルイボスティーは10分以上煮出すことで、
フラボノイド(抗酸化作用が強い物質)などが
多く抽出されるため、
最低でも10分以上30分以内くらい、
しっかり煮出して下さい。

 

 効果的な淹れ方

スーパールイボスティーは煮出すことで成分が効果的に引き出せます。
スーパールイボスティーは茶葉タイプとティーバッグのタイプがありますが、どちらも煮出し用です。ティーバッグをポットに入れてお湯を注いで2~3分・・・といいたいところですがグツグツ煮出さないと十分な成分が出ません。ぜんぜんお手軽じゃないにもかかわらず、このお茶のファンになられたお客様からたくさんのお喜びの声をいただいています。

 


ステンレスのやかんかおなべに3~4リットルのお水を入れ、沸騰してから、9gの茶葉(大さじ2杯分)または9gのティーバッグを1袋入れてください。
※1~2リットルのお水の場合、4.5g(大さじ1杯分)の茶葉をお使いください。


ふたを開けたまま中火で20~30分くらい煮出したら火を止め、茶葉は取り出さないで、ふたをしてしばらく蒸らしてからお飲みください。自然に冷めるまでそのままにしておく方が、より成分が出ておいしくなります。
※冷めた後、茶葉をこすまたはティーバッグを取り出してください。

※冷めたものを温めなおしたい場合、電子レンジで温めると成分(酵素)が壊れる可能性がございますので小鍋かやかんで温めなおしていただくことをおすすめいたします。

美容と健康を気にされる方は・・・
30分から50分程度煮出されることをお勧めします。3リットルの水から作っても、出来上がりは2リットルくらいになります。

※より少なめの水で、より長く煮出すほど、ルイボスの成分がよく出ます。また、ルイボスティーにミルクや砂糖を入れると紅茶のように楽しめます。引用:http://www.nature-rooibos.jp/nomikata.html

 

-おわりに-

ルイボスティーの原料となる植物は、
ミネラル豊富な南アフリカの自然の大地で
地中深くにまで根を伸ばし、良質な水分と、
豊富なミネラルを吸収しています。

 

女性に嬉しい効果がたくさん含まれていますが、
過剰摂取しても余分なミネラルを身体に蓄えて
おくことができません。

気軽にお茶として適量飲むことで、
ミネラル補給し、妊活、花粉症、
アンチエイジングに役立ててくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です