馬プラセンタと豚プラセンタの違いと副作用、サプリの選び方は?

一般的に化粧品やサプリにつかわれているプラセンタはほとんど馬プラセンタが豚プラセンタが使われています。

それぞれの特徴とちがいについて考えてみました。

 

豚プラセンタの特徴

比較的よく目にするのが豚プラセンタです。絶対数が多いというのが理由の一つですが、臓器移植で代用できるほど人間のDNAに近く、人との相性は良いとされ体にも馴染みやすいと言われています。

豚は1年に2回出産し、1度の出産に約10頭も産むので、単純に考えても価格が安価になります。

一番気をつけなければいけないのは、豚の飼育体制だと思います。

豚は病気にかかりやすいので、薬剤やワクチンを投与されているものが多いです。また、口にしているものがどんなものかによって、胎盤に悪影響を与えている場合があります。

胎盤からエキスを抽出する際には、安全性を保つための熱処理などが施されています。

この時に、コストを抑えた抽出方法だと、エキスに含まれる大事な有効成分も一緒に失われることもあるそうです。

SPF豚

SPF豚とは、Specific(特定の)Pathogen(病原菌を)Free(持たない)という意味で、日本SPF豚協会が定めた衛生管理基準のもと、抗生物質を与えずに飼育されています。

国内の認定された工場で、有害な病原菌を持たないよう飼育・生産された豚のことです。

飼育方法も徹底されていて、非常に恵まれた環境で育てられた豚からのプラセンタは成分も濃くなり、不純物の少ない高品質な成分になります。

 

馬プラセンタの特徴

馬プラセンタの一番の特徴はアミノ酸含有量が他の動物に比べて300倍含まれているところです。

馬は年に1回の出産で1頭だけです。その胎盤は、出産直後に馬が食べる習性があるので、その一部から抽出しなければいけません。

馬は体温が高いので寄生虫が住みつきにくく、日本で流通している馬プラセンタはサラブレッドを使用しているので、食事や環境面では安心の品質ではあるといえます。

なので、比較的安全であることもあって、一般的に若干、馬プラセンタを使用したものの方が価格が高めの傾向にあります。

 

ヒト由来プラセンタ

人間由来のプラセンタなので、豚や牛よりもからだへの馴染みが高く、最も安全なものであることは間違いありませんが、医薬品のため、サプリメントや化粧品には利用できません。医療機関で注射や点滴を打ってもらうことで摂取が可能です。

HIVやB型肝炎など感染症の疑いも事前に厳重に行われていて、過去50年ヒトプラセンタによる感染症の発生は全くないそうです。

保険の適用範囲はごく一部に限られていて、美容目的での注射は全額自己負担です。

金額もまちまちで、美容クリニックや皮膚科、内科でも扱っています。

医薬品として厚生労働省から認可を受けた、「人」の胎盤から抽出した注射剤はラエンネックかメルスモンのどちらかで、症状によって使い分けられます。

プラセンタ注射による副作用

先ほども言いましたが1956年に国に認可されて以来、人体に悪影響を及ぼすような副作用は報告されていないのですが、注射した部分が赤くなったり、痒くなる、寒気や吐き気、熱が出る、体が痒くなるなどのアレルギー反応が出る場合があります。外から自分のものではないタンパク質が入ってきたことによる免疫反応です。

 

ただひとつ注意したいのは、ヒトの胎盤を原料とするので、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の輸血感染の可能性を、100%否定できないという理由から、ヒトプラセンタの注射を一度でも受けると、その後献血ができなくなります。実際に起こった例は全くないのですが、万が一に備えてということですね。

 

プラセンタサプリの選び方

プラセンタをサプリで摂取する理由は、「成長因子」を摂るためです。

成長因子の正体はアミノ酸です。数百種類のアミノ酸の結合により出来ていて「ペプチド」とも呼ばれています。

この成長因子は非常にこわれやすい成分なので、特に抽出方法にこだわったものを選ぶことが一番大切です。

酵素分解法

高品質な製品に最も使われる方法です。低温処理後、酵素を利用し特定の物質のみ分解するので有効成分を壊さず抽出できるようです。

凍結酵素抽出法

「酵素分解法」と「凍結融解法」の良いとこを合わせもった方法です。有効成分を壊さずに抽出できますが、コストも高くなり商品価格にも影響するようです。

フリーズドライ製法

凍結させたプラセンタエキスを真空状態にして水分を昇華させ粉末にする方法です。

エキスから水分だけを乾燥させるので有効成分の損失なく、純度100%のプラセンタ濃縮末粉を作れますが、コストがかかるようです。

出典:プラセンタの選び方.com/shurui/

品質のよいプラセンタサプリを選ぶには、高品質の原料とその抽出方法をよく調べて、体に害のない効果の高いものを選ぶ目を養いましょう。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です