日焼け後のアフターケア シミにしないための正しいお手入れ方法や効果的な食べ物は?

夏の日差しの強い中では、しっかり日焼け止め
を塗ってはいても、焼けてしまいますよね!

特に海や川で長時間紫外線を浴びていると、
やけど状態になっています。

できるだけ早めのアフターケアが大事です。

日焼けしてしまったあと、すぐにしなければ
いけない正しいお手入れ方法や

そんな時にどんな食べ物が効果的かについてもご紹介します。

日焼け後の正しいお手入方法

日焼けしてしまったらすぐにすること

赤く炎症をおこしてしまっていた場合

  • 刺激を与えないように冷たいタオルなどで冷やす

赤く炎症を起こしているのは、
紫外線UVBによって起こる「サンバーン」
という軽いやけど状態です

赤くピリピリ痛くなった状態は表皮が
炎症を起こしているので、まだ軽度です
が、放っておくと、シミやしわなどの
肌トラブルをひきおこします。

もっとひどい状態の場合は、
真皮にまで炎症が及び、
水疱ができることもあります。

これがあまりにも広範囲の場合には、
病院に行かなければならないこともあり
ますので、
日焼けしてしまったなと思ったら、
まずは冷やしましょう。

海水の場合はまず水で洗い流します。

痛みの強い部分には氷袋や保冷剤を
ハンカチにくるんで炎症している箇所に
そっと当てておきます。

冷水シャワーや水風呂に入るといいのです
が、身体を冷やしすぎない程度にしましょう。

 

  • メイクや日焼け止めをオフする

日焼けでダメージを受けた肌は敏感に
なっているため、
クレンジング剤を使う際も、こすったり
せず、洗顔料もよく泡立てて、
つけたらすぐにぬるま湯で洗い流しましょう。

これでしみるようならば、皮膚科に行かれ
ることをおすすめします。

 

  • しっかり肌を消炎、保湿する

日焼け後の肌は極度の乾燥状態となって
いるので、水分補給をこころがけましょう。


先にカラミンやアラントインなどの消炎効
果のある成分を配合したローションをゆっ
くり軽く浸みこませるように塗ってほてり
を鎮めます。

 

化粧水をつけるときは、肌への刺激を極力
抑えるため、手のひらで肌を抑えるように
優しく塗布していきます。

 

その後、保湿用の化粧水と乳液で肌に
うるおいを与えます。

 

肌の赤味がやわらぐまでは化粧水と乳液
のみのお手入の方が無難です。

 

美白化粧水などをすぐに使いたくなる気持
ちはわかりますが、皮脂膜がなくなり、
皮膚がダメージを受けた状態では、一部の
有効成分が刺激となる可能性があるので、
完全に痛みや赤味がなくなった状態になっ
てから使用するようにしましょう。

 

ひどい日焼けの場合は、ヒドロコルチゾン
のようなステロイド軟膏が有効です。

日焼け後1週間くらいで皮が浮いてくる

ので、無理にはむかず、自然にはがれた
状態になれば、美白化粧水などを使用し、
通常のお手入に移行します。

 

炎症がおさまってからのお手入方法

日焼け後のお手入を怠ると、
メラニン色素がそのまま表皮に残ってしまい、
シミになってしまう可能性が高くなります。

 

美白化粧品のお手入によって効果は期待できま
すが、それには気長に毎日使い続けることが必
要です。

 

紫外線対策を万全にする

赤味や痛みがおさまった肌は、外から見れば
わかりませんが、まだダメージを受けやすく
なっているます。

 

さらなる日焼けには厳重注意です。
できるだけ、帽子や日傘、サングラスなどを
利用して、紫外線を直接浴びないようにしま
しょう。

日常生活の中でも洗濯物を干したり、
ちょっとした買い物などの時、
知らず知らずのうちに、紫外線を浴びている
ので注意が必要です。

日焼け止めは、肌に刺激の少ない紫外線散乱剤
タイプのものをおすすめします。

重度の日焼けの場合は炎症がおさまるまで
塗らない方がいいと思います。

 

新陳代謝を高める

できるだけ早くメラニン色素が表皮にとどまら
ないように、正常に戻すためには、
メラニン色素の排泄を促す必要があります。

 

そのためには、規則正しい生活、
良質なタンパク質を摂る、適正なマッサージや
パックによるお手入などが有効です。

 

また、シミの元となるメラニン色素の還元を
図る成分や、生成を抑える成分を取り入れて、
新陳代謝を高めることで、シミができにくくなります。

 

メラニン色素の還元をはかる成分

メラニン色素は酸化することで生成されるので、
酸化を還元することで、その色を薄くすること
ができます。

 

ビタミンCやプラセンタにはメラニンの酸化を
抑制するとともに、できたメラニン色素の色を
薄くする還元作用があります。

 

メラニン色素の生成を抑える成分

ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、
エラグ酸、ルシノール

カミツレエキス、カンゾウエキス、カキョク
エキスなど

このような成分でメラニン色素の過剰な生成
をストップすることで、日焼けによって沈着
しているメラニン色素が、新陳代謝によって
アカとなってはがれ落ちるので、
できてしまったシミは薄くなりやがて消えや
すくなります。

 

日焼け後の回復に有効な食べ物は?

やはり食品でビタミンCを摂取することが
とても有効です。

イチゴ、レモン、オレンジ、みかん、柿

トマト、キュウリ、大根、キャベツ、青菜類、

動物性のものには、レバー、牛乳など

 

ただし、ビタミンCは熱に弱いので加熱処理
してしまうと破壊されてしまうので、
おすすめなのは、ジャガイモです。

ジャガイモに含まれるビタミンCは熱によって
破壊されづらいので適しています。

 

ビタミンCを阻害する要因

ニコチン

喫煙によりニコチンが体内に入ると、
せっかく摂取したビタミンCが破壊されて
しまいます。
タバコは美肌の大敵というゆえんです。

 

カフェイン

コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインの
摂りすぎはメラニンを拡散させてしまうので、
シミができやすくなってしまいます。

 

パンよりご飯

ご飯の方がメラニンの原料となる
チロシンの含有量が少ないので、
パンよりご飯の方が肌を白くします

 

-あとがき-

いかがでしたか?

日焼け後の正しいお手入方法について
ご理解いただけたでしょうか?

日焼けをしてしまった後のダメージを
回復させることはとっても大変な事なのです。

ダメージを受けてしまったものを
なかったことにすることは至難の業なので、

できるだけ日焼けをしないようにこころがけましょうね♪

 

関連記事

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?紫外線吸収剤は何がよくないの?

紫外線とメラニン、シミの関係

顔用日焼け止めの正しい使い方や注意点 使用量や下地の塗り方、落とし方

日焼け止め敏感肌用の正しい選び方 おすすめUVファンデとCCクリームも

日焼け止めSPFとPAの意味や効果の違いってなに?その選び方や塗り方について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です