色の効果 ① 2018年のトレンドカラーはどんな色?

色にはどんな効果があるのでしょう

2018年春夏のトレンドカラーについて調べてみました。

トレンドのカラーは約2年前から決まっています。

国際流行色委員会(16ヶ国加入)で流行色を選定され、

その後に発表される世界各国のトレンドカラー情報の仕掛け人的な役割をしています。

この提案をもとに、JAFCA(日本流行色協会)が国内向けのトレンドカラーを話し合い、

正式にトレンドカラーが決定するのです。

 

2018年春夏のトレンドカラー

https://www.vogue.co.jp/collection/trends/

 

2018年春夏のトレンドカラーは、

●ピンク
ピンクは愛を届ける色です。愛している気持ち、愛されたい時、

心が沈んでいる時に使いましょう。

 

●レッド
心と体に活力を与えてくれる色です。

アドレナリンを血液中に送り出していく働きを高め、

低めの血圧や体温を上昇させたり、筋肉の収縮など代謝を促してくれます。

 

●イエロー
集中力が養われる色です。明るさが脳に刺激を与え体の働きが活発化します。

神経のネットワークに作用しやすい為、音や言葉の反応がよくなります。

 

●シルバー、メタリックカラー
シルバー”の輝き、白っぽい輝きを取り入れるファッション

シルバーは心とからだを鎮静化させてくれます。

興奮している神経を鎮め過剰なホルモンの分泌のバランスをとり安定させてくれます。

 

●鮮やかで濃いブルー
不安を和らげたり、痛みを軽減したり、落ち着きをもたらせる色です。

高い目標に向かって進むときに活力を得られます。

 

●優しく、柔らかな自然なピーチカラー、ラベンダーなどの淡い色

 

●ラベンダー
精神性が高まる色です。心優しく、精神力、体力が強くなります。

人間味あふれ明るく陽気に献身的であっても暗さはないです。

 

 

2018年春夏のファッショントレンド

2018年春夏からはボディラインを強調するデザインが増えてきそうです。

去年はゆったりとしたシルエットが多かったのですが、

特にお袖のデザインが引き続きキーポイントになりそうですね。

今年はフワッと繊細なパフスリーブが目をひきます。

 

ボトムのハイウエストワイドパンツは継続していて、

とうとうミニスカートが復活の兆しです。

ハイウエストに合わせてショート丈のトップスが主流です。

ウエストマークするベルトやコルセット、リボンなどの

ウエストを強調するアイテムも多いですね。

 

柄のトレンドは

花柄
中くらいの大きさの花柄が多くデイジー柄がよく使われていますね。


https://www.vogue.co.jp/collection/trends/

ドット
久しぶりのドット登場です。ポルカドット(コインより小さめの中くらいの水玉)からピンドット(小さい水玉)まで、大きさや組み合わせなどさまざまで、素材によってカジュアルにもフェミニンにも着こなせますね。

 

ストライプ
ストライプのレインボーカラーが斬新です。マルチカラーストライプなど、とてもカラフルでバリエーションが豊富ですね。

 

-まとめ-

久しぶりにコレクションを見ていると、昔の血が騒いできました(笑)

20年ほど前のバブリーな時代に、海外の高級ブランドを扱うアパレルの仕事を15年していました。

その頃は1アイテムが何十万円のものがバンバン売れていて。。。

値段の高いものがよく売れる時代でした。世の中の金銭感覚がマヒしていましたね。

お洋服が好きで、見ているだけでも楽しかったですね。

実は2年前に決められるトレンドカラーは必ずしも予測通りに流行するわけではないようです。

自然災害やテロ、景気などによる心理状態が影響するからです。

90年代のバブルの時はオレンジがトレンドカラーだったので、

欧米では注目されましたが、日本では受け入れられませんでした。

バブルがはじけた時代は、しばらく白黒のモノトーンが流行して、

私のクローゼットも全く色物がなかったことを思い出します。

やはり白黒がトレンドの時は不景気です。

黒はとどまらせる色なので暗い色が多いと、沈んだ状態で停止してしまいます。

 

今季のトレンド色は自然の光の中からでてくるような柔らかな色や明るい仕上がり。

鮮やかな色彩とポップな模様など、スポーティだけどエレガントな相反するスタイルが今季のトレンドなので、とても楽しい夏を想像できますね!

上手にカラーのエネルギーを取り入れるて、更に楽しい春夏にしましょう!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です