シミと肝斑の原因・治療方法

先日サロンのお客様で30代前半のお肌のきれいな方が、肝斑を気にされていたので、今日はシミと肝斑についてお話したいと思います。

先日「シミ」の原因についてお話しましたが、一言でいうと紫外線によるメラニン代謝のサイクルが崩れて、たくさんのメラニン色素が表皮内に蓄積されてしまった結果「シミ」や「ソバカス」が発生します。

これらを総括して色素沈着といいます。

そしてその「シミ」の代表が「肝斑」です。

 

『肝斑』とは

「肝斑」は褐色の色素斑で、肝臓の表面のの文様に似ているそうです。主にほほ骨周辺に出やすく、額や眉間、口周辺に出る場合もあります。

年齢的には30〜40歳代に多く、50歳代後半ごろまでです。

薄い褐色で輪郭がはっきりしない、もやっとしたものがほほ骨に蝶々のような形であったり、ほほ骨に沿って、こめかみに向かって筆でかいたような形であったり、眼尻の下に丸くあったり、形状は様々ですが、左右対称になることが特徴です。

 

肝斑の原因

肝斑の原因も基本的には「シミ」と同じで紫外線によるメラニン色素の蓄積です。

しかし、「肝斑」に関しては、女性ホルモンのアンバランスが関係していることが多く、紫外線で悪化します。

月経や出産に関与する女性ホルモンである「黄体ホルモン」のバランスが崩れることによってメラニン色素の生成が高くなって、妊娠時や閉経時に「シミ」ができることが多いようです。

妊娠、出産後に発症したり経口避妊薬を続けることでシミが増えたり、濃くなったりするのはホルモンの影響です。

精神的なストレスも大きく影響しています。精神面で不安定になるとダメージを与えられた神経細胞が色素細胞に反応してシミができやすくなるといわれています。また、そのような精神状態の時にシミができたことで更にストレスが悪化し、シミも増えるという悪循環に陥ります。

不規則な生活や睡眠不足、栄養バランスの崩れなども影響しています。

 

肝斑の治療方法

1、内服薬

内服薬の場合は色素沈着抑制効果のあるもので、表皮のメラノサイトからの過剰なメラニン色素を発生させないようにするビタミンCとトラネキサム酸が有効です。

第一三共ヘルスケアの『トランシーノ』が有名ですね。2か月くらいの服用で効果が期待できるようです。

 

2、外用剤

●ハイドロキノン

●トレチノイン(レチノイン酸)

●ルミキシルクリーム

 

3、レーザー治療

肝斑にレーザーを照射し、シミの色素に反応させて治療する方法です。

レーザーにはいろいろ種類があり、熱エネルギーで細胞を蒸発させてしまうやり方や比較的刺激が弱いレーザーを当てて、メラニンを減らしていく方法など美容クリニックによって扱うレーザーが違います。

レーザーは刺激が強すぎて肝斑を悪化させてしまう可能性があったので、肝斑の治療には向かないとされてきましたが、最新技術では波長の長いレーザー(qスイッチYAGレーザーやメドライトと呼ばれる特殊なレーザー)で負担を軽減して、肝斑を悪化させずにきれいに治療することができるようです。

4、ビタミンC誘導体

美白成分として厚生労働省から効果が認められている成分です。毎日のお手入に使用すると有効です。

当サロンではビタミンC誘導体配合のエクストラエッセンスをご紹介しています。

 エクストラエッセンス30ml/6,000円(税別)

また、2Bシリーズでは色素沈着を抑制するウンデシレノレイフェニンアラニンという美白成分を配合し、シミ、ソバカスや肝斑にも有効なハイドラWクリームもお薦めです。

 2B ハイドラWクリーム 50ml/14,700(税別)

 

-まとめ-

肝斑の原因は女性ホルモンのバランスがみだれたことによって引き起こされます。

治療方法には

1、内服薬:ビタミンCとトラネキサム酸

2、外用薬:ハイドロキノン、トレチノイン、ルミキシルクリームなど

3、レーザー治療

4、化粧品:日常のお手入にビタミンC誘導体やその他美白成分を含んだものを使用する。

 

「肝斑」はシミの代表であり、約4割を占めているというデータがあります。「シミ」は女性の永遠のテーマなので、適切な判断と正しい治療法でストレスのない美肌をめざしましょう。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です