トマトに含まれるリコピンの美肌とダイエット効果 

トマトに多く含まれているリコピンが美肌やダイエットに効果があるのです。

春に向けて紫外線が強くなってきますが、その紫外線対策にもリコピンがお役に立ちそうですね!

 

リコピンの強い抗酸化作用

リコピンとは、カロテノイド(カロチノイド)の一種で 、トマトやスイカなどに多く含まれる赤色の天然色素成分です。

その赤い色素成分「リコピン」は、強い抗酸化力を持っています。

抗酸化作用が高いものとして、ビタミンEが有名ですが、リコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍も、活性酸素を除去することがわかっています。

リコピンは、老化や生活習慣病の原因となる「活性酸素」を除去する機能成分なのです。

また紫外線によるお肌のシミやシワなど老化の原因もこの活性酸素がかかわっています。

 

紫外線と活性酸素とシミの関係

人は、紫外線に当たると、活性酸素を発生させて肌を守ろうとします。

守り切れないほどの紫外線を浴びると、体内で大量の活性酸素が発生してしまうのです。

必要以上に活性酸素が増えすぎると、その力が強力すぎて体細胞にダメージを与えてしまうことになり、これが細胞の老化の原因になります。

 

シミの原因であるメラニン色素はメラノサイトという細胞でつくられています。

メラニン色素は、活性酸素から受けるダメージを引き受けてくれているのですが、

この大量の活性酸素が発生することによって、肌へのダメージから守ろうとメラニン色素がたくさん作られてしまいます。

すると、新陳代謝が機能しきれず、色素が残りシミになるのです。

 

リコピンの美肌作用

リコピンには美肌作用があるとされています。

紫外線によって、肌で発生した活性酸素は肌細胞を傷つけることが原因でしわになり、

また、紫外線を浴びることによって、シミやそばかすになります。

リコピンはこの活性酸素を除去する抗酸化作用によって、メラニンの生成に必要な酵素、チロシナーゼの活性を抑える働きと、傷ついてしまった肌細胞を修復する働きによって、美白効果やシミ予防などの効果があるとされています。

また、コラーゲン減少抑制効果によって、シワを予防することや、リコピンとビタミンEを一緒に摂取することで相乗効果が高まるということも判明しています。

 

リコピンのダイエット効果

リコピンには血中の中性脂肪を減らす効果があり、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑え、善玉コレステロール(HDL)を増やす効果もあることから、カロリー代謝を高めてダイエット効果があるとされています。

また、13オキソODAという成分が注目されていて、中性脂肪を抑える力があるので抗肥満効果があるといわれています。

13オキソODAの働きによって、蓄えている脂肪を燃焼させる酵素を作りだす遺伝子が活発になるそうです。

新陳代謝が高まる事で体内の老廃物をきちんと排出することができますし、脂肪も燃焼しやすくなるため自然と痩せやすい体質に変化します。

リコピンは母体を通して赤ちゃんの体内にも存在する大切な成分ですが、

リコピンは体内で生成されないうえ、摂取したリコピンも蓄積できる量は個人差があり、一定量以上は蓄積できないことから、毎日少しでも摂り続けることが重要です。

 

リコピンで痩せるにはどのくらいの量が必要?

美しくやせるためには、リコピンを1日に約15〜20mgを目安に摂取してください。

これをトマトに換算すると、生食用トマトには約3mg、加工用トマトには約9mg含まれています。

この様にトマトにおいては生のトマトより加工用トマトの方がリコピンが多く含まれています。

生の大きいトマトだと2個、プチトマトだと15~17個必要ですが、トマトジュースだと約1本分で摂取できます。

 

リコピンは油と一緒に加熱処理すると吸収力アップ

リコピンは脂溶性のカロチノイドなので、油に溶けやすい性質を持っています。

オリーブオイルやエゴマ油などのオイルドレッシングや乳製品との同時摂取がオススメです。

また生よりも加熱処理した方が、吸収率が約2〜3倍あがります。

 

トマトのリコピンはミキサーで粉砕したほうが吸収率アップ

トマトのリコピンは食物繊維に取り囲まれています。そのため、せっかくトマトを食べても噛むだけでは食物繊維を壊せず、人の消化酵素では分解することができないのです。

その為、ミキサーなどを使ってトマトの細胞壁をしっかりと壊すことが大事です。

トマトジュースのリコピン含有量が高いのは、完熟トマトがきちんと粉砕されているからなのです。

 

-まとめ-

トマトには美肌に欠かせないビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。

特に生のトマトにはリコピンの美白効果やコラーゲンの生成を促すビタミンCが多く含まれており、老化によるコラーゲンの減少を抑制、改善してくれます。

 

またリコピンには、強い抗酸化作用と血中のアディポネクチンというタンパク質の作用によって、動脈硬化や高血圧の予防改善の効果も期待されています。

生トマトをたくさん食べるのは大変ですが、熱処理をしたり、ジュースにすることで、リコピンを毎日摂ると美容にもダイエットにも効果がありそうですね。

また、トマトにはリコピンや13オキソODAの働きによって太りにくく痩せやすいという理想の体質を手に入れられる可能性もあります!

リコピンを朝摂ることがとての有効なので、体内で生成できないリコピンを積極的に摂りいれましょう!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です