骨格診断のストレートタイプ

先日、骨格スタイルレッスンを受けてきました。

自分のパーソナルカラーがあるように、人それぞれに骨格やからだつきが違います。自分の骨格の特徴を知ったうえで、違和感なくスタイルアップする素材や形を選ぶことができます。

 

骨格スタイルと合わないものを着ると太って見えたり、老けて見えたり、貧相に見えたりするそうです。

骨格スタイルは大きく3つのタイプに分かれます。

●ストレートタイプ

●ウェーブタイプ

●ナチュラルタイプ

 

私はストレートタイプでした。

ストレートタイプの特徴

 

筋肉がつきやすく二の腕や太ももの前の筋肉が張りやすい

●首はやや短めで、肩回りに厚みがある。鎖骨は目立たない。

●鎖骨からバスとトップまでが直線的で、胸の位置が高い。体に厚みがあり立体的、円筒形。

●鎖骨や肩甲骨があまり目立たない。触ると筋肉の弾力がある。

●手が身長のわりに小さい。手首が丸く、手の平に厚みと弾力がある。

●胸から腰(ヒップ)までの距離が短く、腰(お尻)の位置が高め。腰が丸い

●膝の皿が小さく目立たない。膝上は太目、ひざ下はすらりとまっすぐ伸びる。

という項目に当てはまるのがストレートタイプです。

 

全部の項目に当てはまったわけではありません。

肩甲骨は目立つ方ですし、ひざ下も太いですが、子供のころから一番のコンプレックスだった、

二の腕や太ももの前の筋肉が張りやすい!膝上は太目!手足小さい!なんとドストライクでした。ウッ… 骨格からきていたとは、、、

 

ストレートタイプは全体的に筋肉質で、体に丸みがありメリハリのあるボディというのが特徴だそうです。

確かに筋肉質。。。

 

ストレートタイプに似合う服の特徴

キーワードはシンプル、ベーシック、クール、トラッド

ボリュームのある上半身と腰回りをすっきりさせて、立体的で弾力のある肌質のものが合う

ラインや線を意識したもの。着崩すとだらしなく見え、ジャケットやパリッとしたシャツが良く似合う。

 

ストレートタイプが似合うスタイリングのポイント

●胸元や腰回りがすっきりしたもの

デコラティブなものではなくシンプルなもの。フリルやギャザーはNG

●ハリ感のある生地

表面に凹凸のないフラットな生地、ふわふわ感のないハイゲージのニット

●高級感、高品質のもの

カシミヤやフラノ、サキソニーなど高品質のもの

●ゆるすぎず、きつすぎず、ジャストサイズ

ダボッとしたボリューミーなものはNG

●ウエストはジャストサイズ

●着丈は長すぎず、短すぎず

●I(アイ)ラインをつくる御出

 

ストレートタイプが似合うアイテムs

ネックライン

Vネック、シャツカラー、丸首やハイネックを着る場合はVゾーンをつくるアクセをつける。

長袖、半袖。ノースリーブやパフスリーブはNG

パンツ

センタープレス(直線的なラインをつくる)丈はフルレングス

テーパードパンツなど綺麗目のきちんとしたイメージのもの

スカート

膝丈タイトスカート、ロングでもタイト

スーツ、ジャケット

テーラードジャケット、Vゾーンで適度なしぼり感があるもの

 

コート

高品質なもの。ウエストは絞りすぎず、ダウンコートは細目のもの。

 

小物類とヘアスタイルg

柄:細いストライプ、ボーダー、アーガイル、大きい花柄、バーバリーチェック

アクセサリー、時計:本真珠、バングル、みぞおち位の長さのネックレス

バッグ:ケリー、バーキンタイプ、置いて自立するバッグ

靴:ローカット、パンプス、ポインテッド

ヘアスタイル:ボブなどのストレートヘア、ショートカット、フルアップで夜会巻きなど

 

骨格スタイルチェック、ウェーブタイプとナチュラルタイプに関してはこちらのサイトからどうぞ http://www.kokkaku.jp/stylecheck.html

 

-まとめ-

今回学んだことは、ほんのさわりだけで、実際その人のからだつきを触診で感じることで、混合のタイプなどを診断できたり、奥が深そうです。

自分の似合うスタイルは、わかっていたことと、全く意識していなかったことがあって、とても興味深かったです。

けれども、素材感に気をつけて、うまくあきをつくってVゾーンをつくれば、別タイプのアイテムも楽しむことがきるので、いろいろ考えながらチャレンジしたいと思います。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です