ソバカスはなぜできるの?消すためにはどうしたらいいの?

今日は『ソバカス』(雀卵斑)についてお話します。

『ソバカス』も『肝斑』と同様『シミ』のうちの一つです。

ソバカスとは

「ソバカス」(雀卵斑)の原因は遺伝的な要素が多く、先天的なものです。ほほや鼻、目の周りに小さく薄茶色の斑点が散らばるようにできたもので、雀の卵の表面に似ていることから雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれています。

腕や肩、デコルテなどにも見られることが多い色素斑です。白人に多く、日本人でも色が白く日に焼けやすい人に多い傾向がありあます。

年齢的には5~6歳の幼児期から現れ成長とともに増える傾向があります。思春期にピークとなりその後徐々に薄くなっていくこともあります。個人差もあるので必ずしも言い切れない部分はあります。

出産後にできる「ソバカスのことを妊娠性雀卵斑といいます。妊娠・出産の折りにホルモンのバランスが崩れ出産後にシミやソバカスが発症することがあります。

「ソバカス」はなぜできるの?

「ソバカス」の原因は紫外線に弱い遺伝子で、両親や家系に「ソバカス」がある人が多い場合は、その遺伝によってできやすくなるといわれています。

大人になってからできる「ソバカス」はシミと同じで紫外線によるものがほとんどです。

紫外線により体内に活性酸素が発生し、メラノサイトに反応してメラニン色素を生成し紫外線から肌を守ろうとします。あまりに多くの紫外線をあびてしまった時、メラニンは過剰に放出されてメラニン代謝のサイクルが崩れ、表皮内にメラニンが蓄積されてしまったものが「ソバカス」になります。

その他、過度のストレス、お肌に合わない化粧品やスキンケアなども原因として考えられます。

出産後にできる「ソバカス」(妊娠性雀卵斑)は妊娠中に活発に生成される「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンが原因であると考えられています。

妊娠中は「エストロゲン」というコラーゲンやエラスチンを活発に生成していますが、産後急激に減ることによって肌のバリア機能が低下し、紫外線や外的刺激を受けると色素沈着につながることがあります。

また、「プロゲステロン」は胎児を成長させるための胎盤を形成する役割を果たしていますが、一方でソバカスの原因であるメラノサイトを活性化させてしまうことでシミやソバカスを発生することもあります。

 

「ソバカス」を消すためにはどうしたらいいの?

1、皮膚科でソバカスの濃さや程度を診断。

費用や期間、治療法など、また肝斑である可能性もあるので、専門の機関で正しい治療法を診断してもらいましょう。

2、「ソバカス」の治療にはレーザー治療の効果が高いです。

治療はQスイッチ・アレキサンドライトレーザーとIPL※ライムライトです。いずれの機器も長所と短所があります。
※IPL=Intense pulsed lightの略

 治療機器 長所 短所
Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー シミ・ソバカスが確実に治療できる。
ほんどの場合1回で照射が終了。
顔が赤くなるダウンタイムがある。
くすみは取れない。
IPL(光治療)
(ライムライト)
顔が赤くなるダウンタイムがほとんどない。
くすみがなくなる。
皮膚のハリがよくなるなどの別の効果がある。
治療効果に個人差がある。
複数回の照射が必要。
シミ・ソバカスが一部残る。
レーザーと
ライムライト併用
費用がかかる。

 

その他レーザートーニング、ケミカルピーリング、イオン導入など

しかし、日頃からソバカスを薄くする、出来ないようにするために自分で出来るケアを考え組み合わせていくことが重要です。メラニン色素は紫外線を浴びてから72時間以内に働き始めるので、出来るだけ早く対応することもソバカスを悪化させないコツといえます。

3、美白成分の入った化粧品を使う

メラニン色素を抑制する成分が配合され色素沈着を予防する「トラネキサム酸」

メラニン生成に関わるチロシナーゼ自体を減らす成分「甘草エキス」「リノール酸」

チロシナーゼの働きを抑制する成分「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「アルブチン」「ルシナール」

などがが配合されている化粧水や美容液を選びましょう。

 

4、ピーリング

古い角質を取り除くことで化粧品の浸透もよくなり肌のターンオーバーを促進することもできます。

そのためには市販されていピーリング剤もありますが、

サロンでお薦めしているコースがあります

●幹細胞培養液美肌コースの中で最初に酸性ピーリングを致します。

「ERトライセラムリムージョン」でシミ、シワ、くすみなどの原因となる角質を取り除き

「ERトライアミノセラムローション」でアミノ酸を与えることで皮膚形成を促進します。

 

●2Bバイオトリートメントの中でも使用しています。

 2Bゴマージュ 8,000円(税抜)

アプリコットの種を用いた研磨性ミクロ粒子が古い角質を取り除き肌を優しく浄化します。

 

大人になってからの「ソバカス」は「しみ」です。「シミ」の治療法については、やはり紫外線対策が一番です。紫外線が一番強力なのは5月~7月ですが、季節を問わず徹底した紫外線対策が必要です。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です