五節句とはなに?

日本には春夏秋冬の美しい四季があり、気節の変り目の祝祭日の

ことを節日(せちび・せつび)といってお供えをして祝ってきました。

そのお供えを「節供」といい今日の「節句」なったともいわれてい

ます。では、五節句について簡単にご説明しますね♪

節句とは

元は中国の暦法と日本の生活風習があわさって宮中行事となって

年間さまざまな節句の節会と呼ばれる宴会が存在していましたが、

江戸時代に、そのうちの5つを公的な行事として定めたものが「節句」

の発生とされています。

中国では奇数は「陽」の数字として縁起がよいものとされていた

ので1月以外は奇数が重なる日になっています。

 

五節句

1、1月7日  人日(じんじつ)の節句

七草がゆ 、白馬(あおうま)の節会

「人日」とは、元旦の中国の風習から7日を人の日とし、大切に

していたことから、節句とするようになりました。

日本では、七草粥(ななくさがゆ)という七種類の若菜(せり、

なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)を

入れたおかゆを1月7日の朝に食べることで邪気払いをし、万病から体を

守る意味があります。

 

2、3月3日  上巳(じょうし)

上巳とは3月上旬の巳の日のことで、起源は中国の川で身を清めた後、

宴を催す行事が伝わり、平安貴族の子女から始まった「人形遊び」と

結びつき、後に川に人形を流して災いを払う「流し雛」の風習となり

ました。

●ひなまつりのお供え

現在は雛人形を飾り女子の健やかな成長を祝う「ひなまつり」となり

白酒、ひなあられ、ひし餅、桃の花などを供えて祀ります。

「桃の花」は邪気を払う木とされていたので「桃の節句」とも

いわれるようになりました。

 

●ひなまつりの食べ物

「ひなまつり」にちらし寿司と蛤の潮汁をお供えするのは、寿司の具に

入っている海老や蓮根などが縁起のよいものとされ、蛤は女子の美徳と

貞節を意味し、貝殻がぴったりあうものは一つであることから、相性の

よい相手との良縁を願ったものです。

 

3、5月5日  端午

「端」は、はじめの意味があり、端午とは5月の始めの午の日のこと

で、中国では薬取りの日として、薬草を摘み野遊びをしました。

5月は悪い月とされ、邪気を払うために臭いの強い「菖蒲」を煎じて

飲んだり、酒にひたして飲んで厄病を払う節句として「菖蒲の節句」

とも呼ばれていました。

それが鎌倉時代から「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、

兜は金太郎人形を飾り、男の子の健やかな成長を祝う節句となりました。

 

●鯉のぼり

鯉のぼりの起源は中国の「鯉の滝登り」から由来しています。

黄河の中流に「竜門」という急流の滝があり、下流から滝水に逆らい

ながら、最後まで登りきった一匹の鯉が光を放ちながら龍へと変身し

天に昇っていったという故事にちなんで鯉のようにたくましく、

立身出世の願いをこめて端午の節句 に「鯉のぼり」を立てるように

なりました。

 

●端午の節句の食べ物

ちまき・古来中国のお話で悪龍が苦手な茅(ちがや)の葉で米を

包んで、五色の糸で縛って流したことから邪気を払うものと

されていた

柏餅・・新芽がでないと葉が落ちないことから家系が絶えないよう

子孫繁栄を願ったもの

ブリ・・大きくなるにつれて名前が変わる出世魚にちなんで立身出世

を願ったもの

 

4、7月7日  七夕

古代中国で「乞巧奠(きこうでん)」というお祀りで使われる織機が

棚機(たなばた)と呼ばれていました。「棚機(たなばた)」とは

古い日本の禊の行事で、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる乙女

が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々

のけがれをはらうというもので。 やがて7月7日の夜に行われるように

なり「七夕」となったといわれています。

江戸時代に七夕行事が五節句のひとつとなり庶民にも広まり、野菜や

果物を供えて五色お短冊に色々な願い事を書き、笹竹につるし星に

祈るお祭にとかわっていきました。

 

5、9月9日  重陽

中国では最も「陽」の気が強い9が重なる9月9日は大変めでたく、

菊の花は不老長寿の薬としての信仰があり「菊酒」を飲んだりして

邪気を払うという風習がありました。

日本には平安時代に伝わり「重陽の節会」として、宮中で菊の宴が

催され天皇以下が紫宸殿に集まり、詩を詠んだり菊花酒を飲んで、

けがれを祓い長寿を祈る「菊の節句」と言われています。

また、田畑の収穫時期でもあり庶民の間では「栗の節句」ともいわ

れていました。

 

-まとめ-

「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、今でも年間行事

として定着しています。人を大切にし邪気を払うためにあみ出した

古人の知恵と思いも大切にしたものですね。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております🍀 サロンドクレモナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です