結婚式の祝儀袋の選び方や書き方、中袋の書き方、扱い方などのマナー

最近の結婚式の形式はとてもカジュアルなものも増えてきていますが、ご祝儀に関しては、昔からのしきたりに沿ってお祝いされているように思います。

その祝儀袋の選び方や、書き方、中袋の扱い方についてまとめてみました。

祝儀袋はどのようなものを選べばいいのでしょうか?

祝儀袋には格があります

売り場ではたくさんの種類が並んでいて、何を選んでいいのか迷ってしまいますね。

お祝いの現金は「のし」のついた祝儀袋に入れます。

体裁が大げさなわりに金額が少なかったということがないように、金額や贈る人の立場に見合った祝儀袋を選びます。

大切なのは水引の形です。

結婚祝いにはすべて「のし」つき「一度きり」を意味する結びきりを選びます。


   引用:https://www.kobo-cuoluce.com/

ちょう結びは、ほどいて結ぶ直せるので「何度でも」を意味するので、結婚のお祝いにはタブーです。

また、水引の大きさやデザインなどは、中に入れる金額に相応しいものを選びましょう。

祝儀袋の色は「白」が基本ですが、最近はデザインも色もさまざまです。

カラフルな色モノやデザインが凝ったものは、親しい友人や後輩の結婚式には問題ありませんが、先輩や上司など目上の方へ贈る場合には相応しくありませんので気をつけましょう。

 

 

1万円~3万円
赤や金、銀の「あわび結び」か「輪結び」の水引がかかったシンプルなデザイン

 

 

 

3万円~5万円
水引に華やかな装飾があり、上質な和紙を使ったもの

 

 

 

 

5万円以上
高級和紙を使った大判のもの、仲人さんへの謝礼や夫婦で出席する場合に包むならこのクラス

 

 

 

祝儀袋の書き方

筆か太目の水性ペンを使います。万年筆やボールペンでは書かないようにしましょう。

上段には「寿」「壽」「御結婚御祝」「祝御結婚」が一般的です。

 

 

 

 

 

名前は下段の中央に上の文字より少し小さめにフルネームで書きます。

いろいろな場合の表書き

 

引用:https://0004you.com/

夫婦連名の場合
夫の名前だけ書くか、右側に夫の氏名を書きその左側に妻の名前だけ書く

連名(3名まで)の場合
氏名を列記するなら、右から年長者や地位の高い順に書きます。同年齢の友人は右から五十音順で。

4名以上のグループの場合
代表者の名前と左わきに「他〇名」「外一同」と書いて別紙に全員の名前を連記して中袋に入れます。

 

短冊の使い方

祝儀袋の中には短冊が入っているものもあります。

上包みの素材がつるつるしていたり、文字が書きにくい場合にはここに名前を書きます。

上段に書く名目(寿や結婚祝など)が、入っているものと無地のものが、複数枚入っている場合があります。

実はこれには訳があって、名目入りのものに名前を書き、その下に、重ねるためのものです。こうして「喜びが重なるように」という意味を表しているのです。

「2重の喜び」という意味で、無地のものを下に重ねて使います。

短冊は、はずれないように付属の両面テープやのりなどで軽く上包みに止めておきましょう。

 

中袋の書き方とお札の入れる向き

表書き、仲包み、紙幣(人物が上になるように入れます)が表向きになるようにします。

  

中包みの表面の書き方

漢数字で、「○○圓」と書きます。
「○○圓也」「也」はつけないのがマナーです。

漢数字例
壱、弐、参、伍、拾・蔓圓、仟園

中包みの裏面の書き方

裏面には、送り主(自分)の氏名と住所を書きます。

都道府県や郵便番号も書くと丁寧です。

ここはサインペンでもかまいませんが、受け取り手が読みやすいよう丁寧に書きましょう。

中身が高額な場合や「封」と書かれているタイプ以外は特に糊付けする必要はありません。

お祝い金を贈る場合は、「新札」を用意するのがマナーです。

万が一新札を用意し忘れた場合、ホテルなどであればフロントで新札に替えてもらいましょう。

 

ご祝儀の金額のマナー

一般的には、偶数は「2で割り切れる」=別れを意味するので、割り切れない数字である「奇数」 がよしとされています。

けれども、2は「ペアやカップル」を表し、8は「末広がり」で縁起がいいですね。

4は「死」を9は「苦」をイメージするので避けましょう。

万が一、千円札や五千円札を混ぜる場合も、奇数枚数にするようにしましょう。

一般的な相場金額

披露宴に招待されている場合

  • 3万円…友人・知人、会社の同僚の場合の相場
  • 5万円~10万円…兄弟・姉妹、親戚などの親族の場合の相場
  • 1万円…披露宴に招待されていたけれど、欠席した場合の相場

披露宴に招待されていない場合

  • 3万円…兄弟・姉妹、親戚などの親族の場合の相場
  • 3千円~1万円…友人・知人、会社の同僚の場合の相場

 

 

中包みの入れ方

中袋を上包みの裏に挟んでいるのをよく見かけますが正式には、上包みの中に入れます。
上包みの中に入れるのは、結構難しいので、動画をご覧ください。

 

 

上包みの折上げ方

中包みを入れたら、上包みの裏側は、「慶び・幸せを受けるように」という意味を込め、上向きに折り返した方を外側にして水引を掛けるのがルールです。

 

ふくさの包み方

ふくさとは、漆器などホコリがかぶることをきらって上からかぶせた布で、一般的には、茶の湯で用いる方形のちりめんや絹の布のことをいいます。

進物や貴重品、祝儀、不祝儀袋を包んだり、覆うときに使います。

最近では挟んで入れるだけの、挟み袱紗が使いやすいですね。

引用:https://wedding.mynavi.jp/

  • ① ふくさを広げ、中央よりやや左に祝儀袋を置く。
  • ②左側の角を中に折り込む
  • ② 上の角を中に折り込む
  • ③ 下の角を中に折り込む
  • ④ 右側の角を中へ折り込み、あまった部分をかぶせるように裏へ折り返す

包み方は弔事と逆になるので、注意しましょう。

 

ご祝儀袋はふくさで包むのがマナーです

ご祝儀袋をバックやスーツのポケットからそのまま出したりするのは、粗末な印象にもなり、マナー違反です。
ふくさの色は、慶事には暖色系の赤、朱、えんじなど、ただし、紫は慶弔兼用で使えます。

 

-あとがき-

いかがでしたでしょうか?

結婚式だけではなく、慶びごとやお礼やご挨拶、記念行事などの贈答にもこれらのマナーは共通する部分が多いです。

大人の心得として素敵なふるまいで、心のこもったご祝儀を贈りましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です