節分/豆まきの作法

今日は節分についてお話します。

豆まきといえば節分を思い描きますよね。実は「節分」というのは

一年のうちに4回あります。

 

節分とは

節分とは、季節の変わり目、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを

いいますが、現代では2月3日もしくは4日の立春(旧暦の正月)

を指す場合が一般的になっています。

旧暦では立春が年のはじめだったので、立春前に邪気を払い清めて

立春の福神様をお迎えするのが節分です。

 

日本の古典芸能、狂言の曲名でもあります。

「鬼狂言」大蔵・和泉両流にある。節分の夜,夫が出雲大社へ年取りに

出かけたので女がひとりで留守をしているところへ,蓬萊の島から来た

鬼が訪れる。美しい人妻に心を奪われた鬼は,小歌をうたいつつ言い

寄るが,女はいっこうに受けつけないので,ついに泣き出してしまう。

その様子を見た女は,なびくと見せかけて,鬼の持つ隠れ笠,隠れ蓑,

打出の小槌などの宝を取り上げ,家の中に入れる。鬼は横になり,

くたびれたから腰をたたいてくれなどと亭主気取りもつかのま,女は,

やっと豆をはやす時分になったと〈福は内,鬼は外〉と豆をぶつけて

鬼を追い出す。

※出典:日立ソリューションズ

 

柊(ひいらぎ)の枝に鰯を指して玄関口に立てておいたり、入り豆を

まくことで「邪鬼」を払い福を招くという災除招福の行事です。

 

節分の豆まき、何で豆をまくの?

「節分」は節を分ける日であり「邪鬼」が入りやすいとされていました。

特に旧暦の大晦日にあたる日はその意味合いが強く、大切な日なので

中国の「追儺(ついな)」という儀式に基づいて平安時代に陰陽師らに

より旧年の災いや災難を払い清める行事が宮中行事の方違え(かたたがえ)

の行事の中の「豆まき」と合わさった行事となり、室町時代には一般庶民

にも定着していたそうです。

「鬼」という日本語は「陰(おん)」に由来し、目に見えない邪気を

指します。

穀物には邪気を払う力があるとされていたため、邪気を鬼に見立てて

魔を滅する豆(魔滅)で追い払う。また神事にも豆を使われたこともあり

用いられたようです。

 

節分の作法

炒った豆を用意します。生の豆を使って拾い忘れた場合に芽がでると

縁起が悪いと言われています。

また「豆を炒る」は「魔目を射る」に通じるとも言われています。

 

1、豆を升などに入れ神棚に供える。

2、鬼は夜に来るといわれているので、日が暮れてから行ないます。

3、一家の主人である家長や年男(その年の年男)が玄関や窓を開けて

「鬼は外」と言いながら豆をまき、鬼が戻ってこないように玄関や

窓を閉めてから、「福は内」といって部屋の中に豆をまきます。

また、厄年の人が豆をまくと厄払いになるのでよいともされて

います。

4、まき終わったら、数え俊の意味合いから年の数より1つ多い豆を

食べて、新しい1年の無病息災を祈ります。

 

節分に柊鰯

古来より臭いの強いものや、松の葉、柊などの尖ったものは魔除け

厄除けに用いられていました。

節分に柊(ひいらぎ)の小枝に鰯を指して玄関に挿すのも魔除けに

なるというもの。

鬼は煙が大嫌いなので、油ののった鰯を焼くことで煙を出し、煙で

邪気を払い鬼が家に入って来ない。また、とがった柊の枝で鬼の目

を刺すとも言われています。

 

京都の吉田神社では、鬼はらい役の「方相氏(ほうそうし)」が

黄金四つ目の仮面を被り、矛と盾を持って、暴れまわる赤・青・黄の

鬼を退治。最後に上卿、殿上人たちが桃の弓で葦の矢を放ち、災厄を

払うという、古式に則って減修に伝承・継承されており現代に伝える

数少ない神事の一つです。

 

-まとめ-

日本古来の伝統行事ですが、最近は住宅事情もあり必ずしも正しい作法

でなければいけないわけではないと思います。意味合いだけは理解して

家族で厄除けの行事を楽しむことができればいいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です