着物の種類と格ってなに? 着物と季節との関わりは?

今日は友人と着物でランチ会に行ってきました!

皆それぞれ職種は違いますが、自宅でもレッスンされている

先生仲間。着物文化に目覚めたTさんの提案でランチ会。

その後、和カフェのwadさんでお抹茶とぜんざいいただきました。

いつも時間を忘れて切磋琢磨しながら仕事の活力をもらえる

お二人に感謝感謝!

そして、今日は着物についてお話ししようと思います。

洋服のドレスコードと同じく着物にも格があります。

格の線引きは緩んできているので必ずしも守らなければいけ

ないというわけではないようですが、一般的な種類と格付けは

大人女子として知っておきましょう。

着物は素材や柄、紋の数などで格付けが変わります。

 

着物の種類と格

1、黒留袖 

既婚女性の第一礼装

結婚式に出席する母親、仲人、親族

特長:黒地の着物に五つ紋。帯から上に柄がなく、裾に模様が

描かれていてすべて繋がっている。模様の位置が低いほど

年配向けになります。

 

2、色留袖

既婚者、未婚者の第一礼装

結婚式に出席する親族、仲人

特長:黒留袖の色無地バージョンです。正式には五つ紋で黒留袖

と同格です。三つ紋以下は披露宴、お茶会など

 

3、振袖

未婚者の第一礼装

大振袖は成人式、披露宴のお色直し、結納、パーティ、お茶会

中振、小振袖はお茶会や十三参りなど

特長:華美な文様で袖の長さで大振袖・中振袖・小振袖の種類に

分かれます

 

4、訪問着

未婚者、既婚者の略礼装

披露宴、結納、お茶会、お見合いなど

特長:絵羽模様の着物で社交着として多く用いられます。

全体もしくは肩、裾、袖にと繋がった模様があります。

 

★絵羽とは背や脇、おくみ、衿、袖などにも模様が続くように染めたもの

訪問着は白無地から染めているのに対し、付け下げは反物のまま染める

 

5、付け下げ

略礼装

披露宴、結納、お茶会、お見合いなど

特長:模様が肩を中心に前後ともに上向きになるように付けられ

ています。訪問着とよく似ていて違いは柄が繋がっていない

ことです。

 

6、色無地

略礼装

一つ紋:式典、結婚式、茶会

五つ紋:留袖に次ぐ礼装

特長:柄のない無地の着物です。礼装として五つ紋を付ける場合も

ありますが、一般的には一つ紋を付けることが多く、紋の数、

合わせる帯や小物で祝儀、不祝儀に使い分けられます。

 

7、小紋

外出着

お稽古、観劇、友人との食事など

特長:小紋は小さい文様が生地全体に繰り返されている型染めの

着物です。戦後から江戸小紋として親しまれ、加賀小紋、鮫小紋や

小桜、七宝、など沢山の種類があります。

1つ紋を付ければ格が上がり色無地と同格になります。

 

8、紬

外出着、普段着

友人との食事、趣味の会

特長:糸を染めてから反物を折る、先染めで光沢があり耐久性が強く、

 昔は普段着でしたが、現代ではおしゃれ着として人気です。

大島紬、結城紬、塩沢紬など沢山の種類があります。

 

ちなみに今日の私の着物は大島紬で、30年前に着物好きの祖母が

仕立てくれたたものです。なかなか着る機会がなくて、

しつけをとってはじめて着ました。

その当時には珍しく少し赤味の入った大島です。

とても着やすく、着崩れもしないので普段着にはおしゃれで最適です。

 

着物と季節

1、袷(あわせ)の着物

八掛(はっかけ)という裏地がついているもので、表裏2枚の布を

あわせて縫ってあるので袷(あわせ)といいます。

時期:10月~5月

 

2、単衣(ひとえ)の着物

八掛(はっかけ)がついていないものを単衣(ひとえ)といいます。

透け感のない生地で一枚仕立てです。

時期:6月、9月前後の比較的暑い時期

 

3、夏着物(うすもの)

絽(ろ)や麻、紗(しゃ)の薄い生地で透け感があり、かなり

涼しい素材の一枚仕立てです。

時期:7月、8月

 

まとめ

着物はTPOに合わせて選ぶ必要がありますが、合わせる帯や小物

によっても格付けが変わります。

また着物の種類と季節の色や柄を選んだり、帯や小物をいろいろ

合わせて着物文化を楽しみましょうね。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です