結婚式の受付手順とご祝儀の渡し方、遅刻の時は誰に渡すの?早退の時の対応は?

結婚式にご招待されて、まず受付でどう対応すればいいのか、、、

ご招待した頂いた新郎新婦に失礼のない振る舞いを心がけたいですよね!

成り行き任せでいくよりも事前に知ったうえで行く方が素敵です!

ご祝儀の渡し方や、やんごとない遅刻や早退の場合の対応などをまとめてご紹介します。

結婚式の受付での手順

まず、会場には遅くとも15分前までには到着しておきましょう。

挨拶

受付の担当者にまずは「本日はおめでとうございます。」とお祝いの挨拶をします。

次に自分の名前をフルネームで伝えます。受付の方が面識なければ「新婦友人の◯◯です」など関係性を伝えると親切ですね。

そして「心ばかりのお祝いでございます」などの言葉を添えてご祝儀をお渡しし、芳名帳に記帳します。

 

ご祝儀の渡し方

ご祝儀はふくさに包んで持っていきます。

<<<ふくさの包み方はこちらから>>>

祝儀袋は、ふくさの台または折り畳んだふくさのうえにのせ自分側に向けて、祝儀袋を乗せます。

次に相手側に向きを変えて両手で渡します。

片手で差し出すのはNGです。

盆がある場合は、ふくさから出したあと、相手側に向けて盆の中に置きます

この時、黙って渡すのではなく、

「心ばかりのお祝いです。お納めください」

「ささやかですがお祝いの気持ちです」

などの言葉を添えるのもマナーです。

受付は開始10分前には完了しておく

披露宴の開始時間ギリギリに滑り込むのは大変失礼です。

招待状に書いてある「○○時開宴」という時間の少なくとも10分前には受付を済ませましょう。

この開宴時間には新郎新婦の入場がはじまる時間です。

その時間には全員が着席していることが前提ですから、受付はそれより以前に終了しています。

新郎新婦の入場がはじまったてしまうと、入場が終わるまで中には入れない場合もあるのです。

受付の開始時間は一般的に披露宴の30分前ですので、新郎新婦にとっておめでたい一大行事に水をさすことにならないように、滞りなく時間に余裕を持って行動しましょう。

大きな荷物を預ける

会場には、大きな荷物は持って入りません。

大きな荷物やコートなどは、会場のクロークに預けます。

ホテルであれば、フロントのクロークでも預けることは可能です。

あらかじめ、貴重品やハンカチなどを入れる小さなバックを用意しておきましょう。

 

披露宴に遅刻したときのご祝儀はどうしたらいいの

万が一遅刻しそうなときは、新郎か新婦に連絡するのではなく、できるだけ早く会場に連絡をいれて、席を入り口近くにするなど対応してもらいます。

式場に入る時は、自分でドアを開けたりせず、係の人の指示に従います。

席までは真ん中を通らずに壁際に進み、席に着いたら新郎新婦に目礼、周りの人にも目礼してから座りましょう。自由に歓談している時にお詫びを伝えます。

遅刻した際のご祝儀は、宴の後に新郎新婦の親もしくは、兄弟に直接手渡しする事が基本マナーです。

お詫びの言葉を添えて、丁寧に渡しましょう。

 

披露宴を早退しなければならない場合

あらかじめ新郎新婦には事情を伝えておきましょう。

弔事が理由の場合はその旨を話す必要はありません。当日は両隣の人に早退することを話しておき、式の進行の妨げにならないよう、タイミングを見計らって退出します。

披露宴中にあちこちへあいさつするのは控えましょう。

また、式の途中で急に中座する場合は、両親か親族に事情を話し、両隣の人に失礼を詫びて席を立ちます。

新郎新婦にその場であいさつに行くのは控え、あとからお詫びの連絡を入れるようにします。

気分が悪くなったり、体調が悪くなった場合は、正直に告げると先方に気を遣わせてしまうので、「急用ができまして・・・」などと伝えましょう。

 

-あとがき-

結婚式、披露宴では、新郎新婦のご両親や親族の方にもご挨拶する機会があります。

面識がない場合でも、とっさにもごもごすることなく、受付の時と同様のお祝いの言葉や新郎新婦との関係性などお話できるように心得ておきましょう。

新郎新婦だけでなく、列席者にとってもウェディングは特別な日です。

遅刻や早退で場の空気をこわさないよう、できるだけ大人のスマートな立ち居振る舞いができるように、準備しておきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

またお目にかかれることを、楽しみにしております。

🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です