新生児のお祝い事①/お七夜、お宮参り

赤ちゃんが生まれると儀式的なお祝い行事がスタートします。

今日は赤ちゃんが生まれてから順を追ってお話します。

 

お七夜(生後7日目)

昔は生後すぐに亡くなることが多かった為、7日間無事であった事と

これからの健やかな成長を祝って行なわれました。

「名付け祝い」とも呼ばれ、赤ちゃんの名前を決めて、生まれた日を

1日目とし7日目の夜にお披露目をするのがならわしです。

1、命名書

正式には奉書を三つ折りにしたものを使いますが、半紙に赤ちゃんの名前を

書いて床の間などにに貼ります。

 

2、書き方

半紙を縦長にして中央上部に「命名」と書きその下に「名前」を書きます。

左側に小さめの字で生年月日を記入します。

丁寧な場合は右側に両親の名前とその下に続柄を書きます。

書くのは誰が書いてもかまいません、その後は赤ちゃんのお部屋に1か月

程貼っておくのが一般的です。

 

3、お七夜の祝い膳

お頭付きの鯛やお赤飯が定番でそのほかは刺身や煮物、吸い物などが

一般的です。

最近ではケータリングでも祝い膳を運んでくれますし、あまり形に

こだわらず家族や親族で楽しく食事をできればいいと思います。

まだ母子ともに体調が万全ではないので、決して無理をせずできる

範囲で行ないましょう。

 

お宮参り(生後約1か月)

 

生まれた土地の産土神(うぶすなかみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、

幸せと健康を祈る行事です。

正式な参拝は赤ちゃんからみて、父方の祖母が赤ちゃんを抱き、両親が

後について参拝します。

 

1、日程

正式には男子は生後31日(32日目)女子は生後32日目(33日め)

ですが、いつまでにというきまりはないので、概ね1か月から100日

までの都合のよい日でかまいません。

 

2、場所

昔は氏神様に新しい氏子として参拝し祝福を受け、お産の忌明けの

儀式の意味もありましたが、最近はその意味合いも薄れているので、

地域にこだわらずどこの神社でもいいとされています。

 

3、服装

正式なお宮参りは母方からの送る祝い着で

肌着の上に白羽二重の内着を着せ男の子には熨斗目模様(のしめもよう)

女の子には友禅模様(ゆうぜんもよう)の掛け着を羽織らせてお参りします。

赤ちゃんを抱いた状態で、祖母の首の後ろで付けヒモを結びます。

 

父親はスーツ、母親は着物やスーツワンピースなどフォーマルな服装にします。

着物の場合は訪問着、色無地、付け下げが一般的です。

 

まとめ

赤ちゃんもお母さんもとても不安定な時期なので、形や風習にこだわりすぎず

家族が思いやりをもって行なうことが大事ですね。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます

またお目にかかれることを、楽しみにしております

🍀 エステ&マナー サロンドクレモナ🍀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です